時代の一歩先を行く証券とコモンズ2020の募集

運用の確かさで最近徐々に注目を集めているファンドの一つに「コモンズ投信」が挙げられるます。
コモンズ投信はリーマンショックの後、2009年に開設された投資信託会社ですが、主力商品であるコモンズ30ファンドはその後順調に基準価格を上昇させていっています。
コモンズ30ファンドは証券会社でも取り扱っているのでご存知の方も多いと思いますが、そのコモンズで新しく「コモンズ2020」というファンドの募集が開始されました。
コモンズ2020は「変化を始めた企業」「変化にチャレンジする企業」を中心に株価が割安な時に投資していくタイプのもので、コモンズが独自の視点から決定した50社を選定し、投資を行います。アクティブファンドという、人の目で見て株価が割安な時に購入し、割高になったら売却することを行うため、証券にはよくあるリスクを完全とは言えないまでも回避することも考えられている証券です。
株式はインフレに連動して価値が上がっていくものなので募集中のコモンズ2020を一気に資産を投入して購入する方法も悪くはないのですが、一番リスクを減らして購入していくなら、毎月一定額で証券を購入することをお勧めします。
毎月一定額のみを購入することで商品が大きく値を下げたとしてもそこでより多く証券を購入し、次に値上がりした時はその分だけ利益を積み上げることが可能になります。
コモンズ2020の積み立てはコモンズ投信のホームページから募集しており、毎月3,000円から積み立てが可能です。
投資はあくまで余剰資金で行うものです。コモンズ2020のような少額から無理なくできる証券を積み立てて、文字通り時代の一歩先を読む投資を始めてみませんか?