米国の証券取引所に上場のビザ社の最近1年の株価推移

世界的にも有名なクレジットカード会社に、ビザ社があります。Visaブランドのクレジットカードを世界中で展開するほか、デビットカードやプリペイドカード、電子決済やモバイル決済事業なども手掛けるアメリカの企業です。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くビザ社は、株式をニューヨーク証券取引所に上場しています。米国市場では、株式などの証券銘柄を識別するためにティック(またはシンボル)と呼ばれる1文字もしくは数文字のアルファベットが使用されます。これは日本の証券コード(銘柄コード)に相当するものです。ビザ株に割り当てられているティック(シンボル)は「V」です。
日本の一般投資家でも、ビザなどのアメリカ企業の株式に投資することが可能です。数は多くはありませんが、日本のいくつかのネット証券会社では、米国市場に上場している株式を売買することができるようになっています。ではここで、ビザ株のここ1年ほどの値動きに注目してみましょう。なお、ビザ株は2015年3月19日に1:4の株式分割を実施しています。したがって、これ以前の株価に言及する際には、実際の株価の4分の1に値を調整して記します。
今からほぼ1年前、ビザの株価は(4分の1に調整した値で)およそ60ドルでした。2014年11月3日には、59.75ドルという52週安値(直近1年間における最安値)を記録しています。しかし、その後は現在に至るまでその安値を割り込むことはなく、上昇基調で推移してきました。2015年3月上旬にはおよそ70ドルを付け、7月下旬には75ドルをも超えます。その後、一旦は軟調な展開に陥ったものの、2015年10月28日には78.89ドルという52週高値(1年間の最高値)を付けました。これは52週安値を記録した日からほぼ1年後のことです。2015年11月3日現在、ビザの株価は77.90ドルです。