米国関連の証券への投資での損益通算について

海外への投資が要井にできるようになって来ています。例えば米国関連の株式や債券を扱っている証券会社は多くありますし、投資信託などを用いることもできます。ですから、簡単に証券に投資をすることは可能なのですが、その際には損益通算ができるのかどうかを確認しておくことは大事です。というのも、それができるのかどうかによって税金の金額が変って来るからです。

例えば、国内株式と海外株式の両方に投資をしたとしましょう。そして、国内株式で100万円利益を得て、海外株式で200万円の損失が発生したとしましょう。もしも別々に課税されれば、国内株式の利益100万円に対して20%の課税がなされますから、20万円の税金を支払わなければなりません。もしも損益通算ができた場合、合計すると100万円の損失ですから、税金を支払う必要はないのです。

このような違いがありますから、損益通算ができる場合とできない場合とをきちんと理解しておくことは大事です。ただ、米国関連と言ってもいろいろなものがありますから注意が必要です。例えば、国内株式と海外株式の両方に投資をした場合には、損益通算は可能です。他にもREITやETFなども可能です。

しかし、組み合わせによってはできない場合もあります。もしもそれが面倒だとか煮るのなら、投資信託を活用するのは良い方法です。例えば米国関連の債券に投資をしたいと思った時には、それを対象とした投資信託に投資をするのが良いです。特定口座を解説していれば、証券に関する課税関係は金融機関が全て行ってくれますから、確定申告が必要ない場合もありますし、必要な場合でも手続きに必要な書類の作成をしてくれますから簡単です。